大切な実印などの印鑑は通販で購入する時代。

通販で印鑑を購入する時のポイント

印鑑と一言でいっても、実印や銀行印、認め印などさまざまな種類があります。
最近は専門店だけではなく、100円ショップやインターネット通販でも気軽に購入することができるようになりましたから、どこで購入すればいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。
100円ショップで販売されている印鑑というのは、いわゆる三文判と呼ばれるもので、大量生産されているものです。
三文とは江戸時代に使われていた貨幣が由来で、安価で購入できることを総じて言います。
三文判は、安価で購入できるというメリットがありますが、偽造されるリスクが高いため、実印や銀行印といった用途には不向きといえます。
一方、はんこ店は実印や銀行員などの重要なものを購入するのにはベストで、プロに相談しながらはんこを作成していくことができます。
インターネット通販は、印材の種類が豊富で即日発送が可能な店舗が多いというメリットがありますが、手元に届くまで実物を確認できないというデメリットがあります。

不動産売買や相続などの重大な契約に必要な実印

日本では実印は不動産の売買や相続、車の売買など、重要な取引時に使用されるものですから、オリジナルの印鑑を購入することがもっとも大切です。
実印は、自分が住んでいる市区町村の役所に自分だけのはんことして登録する必要があります。
これは、自分以外の誰かに勝手に悪用されないため、実印を作って市区町村に登することで、本人が登録したはんこ以外は、実印として認めないという制度があるからです。
実印は、不動産の売買や相続、車の売買、公正証書の作成など人生において節目と言われる契約に使用するものですから、必ず本人であるという裏付けが必要となります。
この本人であることの証明が必要となる場面に、実印が必要となってきます。
実印は、陰影の文字の判読ができないものや、一部が欠けているもの、他人がすでに登録しているもの、ゴム印などは登録する事ができませんから、注意が必要です。

実印をインターネットで購入する場合と店舗で購入する違い

実印を購入する方法としては、インターネット通販で購入する方法と、店舗で購入する方法があります。
この2つの大きな違いは、実際に素材などを手に取って確認できるかどうかになりますから、実物を確認して購入した場合には、店舗をおすすめします。
インターネットのメリットは、店舗購入に比べると価格が安く、仕上がりがスピーディーという点があげられます。
そのため、安さを重視する人にはインターネットをおすすめします。
店舗で購入する場合、事前に実際に印材の品質などを自分の目で確認することができるため、重厚感などもわかりやすいというとくちょうがあります。
ただ、価格が高額になることが多く百貨店などは割高になることも少なくありません。
インターネットの場合は、実際に手に取ることはできませんが、印影のプレビューなどを見て確認することができます。

大切な人の新しい門出に印鑑をプレゼントしませんか、実印・銀行印のセットなら店舗数60店舗直営です。 当社では、印鑑専門店として様々な素材による印鑑作成を行っており、通信販売によって幅広い地域へ向けて販売を行っています。 1か月の注文数:3000本です。 印鑑の専門店「平安堂」のオンラインショップです。 印鑑通販の平安堂